医療業界の格差事情

医療格差と転職「面接のポイント」

医療業界の様々な格差について

医師・看護師・介護職・薬剤師など、医療従事者に向けて「医療格差」の実情を紹介するサイトです。 【お問い合わせ先】

CATEGORY

好印象を与える面接のポイントとは?

好印象を与える面接のポイントとは?

転職活動を成功させるために面接で好印象を与えることが大切です。緊張した時の対処法や面接前の準備など、面接を成功させるためのポイントを紹介します。

面接の前に気持ちを落ち着かせましょう

大切な面接の前は、誰でも緊張します。緊張してしまう自分を責めないことが大切です。緊張をしていると思ったら、まず深呼吸をします。ゆっくりと息を吸い込み、ゆっくりと吐きます。ゆっくりとたくさん息を吐くことに意識を置くとうまく深呼吸ができます。そして笑顔を作ります。自然な笑顔ができなくても大丈夫です。口角を上げて自分で笑顔を作りましょう。ゆっくりした呼吸と笑顔は、リラックスしている時の自分の状態です。意識と行動はリンクしていますので、行動をリラックス方向に傾けていくことで意識もリラックスさせていきましょう。徐々に本当に心が落ち着いて、自然な笑顔が出やすくなるはずです。

面接中に緊張してしまったら

面接中に急に緊張感が出ることもあります。自分で緊張している自覚がある時は、ゆっくりと話すように意識しましょう。緊張するとつい早口になり、何を話しているのか面接官はもちろん、自分ですら分からなくなってしまいます。最初の挨拶をゆっくりするようにすると、その後も落ち着いて話すことができるでしょう。また緊張しすぎて頭が真っ白になってしまった時は、無理に話そうとせずに、現在の状況を面接官に伝えましょう。自分は緊張していること、少し考える時間が欲しいということを正直に話しましょう。深呼吸をして、頭の中で話がまとまってから話し始めるようにしましょう。「緊張しています」と自分の内面を相手に伝えることで、少なくとも緊張を隠す必要がなくなります。自然体で振る舞えるきっかけになるでしょう。

質問には端的に答えましょう

面接官の質問に対して、最初の質問に対する答えが重要になるケースが多いです。最初の返答を聞いて、面接官が掘り下げたいと思った話題にそって、その後の面接が進んでいくことが多いからです。どう掘り下げられても大丈夫なような返答を心掛けましょう。
また質問に対する答えは、端的に話すようにします。ひとつの質問にいつまでも冗長に答えていると、面接時間を無駄遣いしてしまいます。面接官が聞きたい質問を聞けずに面接が終了してしまい、不採用ということもあり得ます。さらに特技やスキルなどの質問への回答には注意が必要です。自分を良く見せたいと思って、誇張した回答をしないようにしましょう。嘘をついてしまい、そのことが面接官に伝わると面接合格は難しいです。さらに、もし合格しても、就職後に高いスキルの仕事を求められて苦労することになりますので避けましょう。

「医療業界の格差事情」おすすめ記事