医療業界の格差事情

医療格差と転職「考えるべきことは?」

医療業界の様々な格差について

医師・看護師・介護職・薬剤師など、医療従事者に向けて「医療格差」の実情を紹介するサイトです。 【お問い合わせ先】

CATEGORY

まず考えなければいけない事は?

まず考えなければいけない事は?

賃金格差を感じたまま今の仕事を続けることは難しいかもしれません。給料の多寡はそのままモチベーションを上下しますし、給料が少なく先行きが暗い様子では不安を抱えたままの毎日になってしまうからです。

社内キャリアアップを目指しましょう

給料をアップするために、まず考えることは現在の会社でキャリアアップをすることです。出世をして役職を得ることができれば、給料も上がりますし手当も付きます。ボーナスも増えて、年収は大きく上昇が見込めるでしょう。
社内キャリアアップを目指すために、まず自分に与えられた仕事をミスなくこなせるようになりましょう。出世に必要なスキルで、まだ取得していないものがあれば、すぐに勉強を始めましょう。同時に職場の人間関係も良くしていきましょう。今までは太鼓持ちのようで嫌だとか、またはゴマすりをするようで恥ずかしいと思っていたような行為も辞さないようにします。改めてキャリアアップのためだと思って見直して、上司に愛想よく振る舞えば上司の気分も良くなり、上に引っ張り上げてくれるのも当たり前に思えます。または自分がキャリアアップを果たして上司の立場になった時のことを想像してみれば、かわいがられる部下になる方が得策だと気付くでしょう。太鼓持ちでもゴマすりでも、社内キャリアアップを果たして給料がアップすれば何でもないことです。躊躇をせずゴマをすり始めましょう。

転職を考えましょう

現在の職場でどれだけ頑張っても給料のアップが見込めない職場もあります。そのような職場でどれほど頑張って、仮にキャリアアップを果たしても賃金格差は埋まりません。転職を視野に入れて別の会社へ移動することを真剣に考えてみましょう。会社がつぶれたとか、クビになったというわけではありませんので、転職先はじっくりと選ぶことができます。焦らず腰を据えて転職活動を行いましょう。絶対にしてはいけないのが、会社を辞めて転職活動に専念をするという行為です。職場関係に悩んで一日も早く退職しないと、精神的に病んでしまうようなケース以外は、仕事を続けながら転職活動をしましょう。
転職先に求めるものは、まず高収入ということになります。そこを大切にしながら、他の条件も考えてみましょう。業界や職種などをどうするか、現在のスキルを活かすのかなど考えることは多いはずです。会社を続けながらなら、もし良い転職先がみつからなくても焦る必要はありません。良い転職先がみつかるまで待つ余裕があります。納得いく転職先がみつかるまで焦らずに粘り続けることが大切です。転職活動を続けていれば、現在持っているスキルを使って、しかも同じような労働条件で給料が大幅にアップする、そのような転職先がみつかるかもしれません。

「医療業界の格差事情」おすすめ記事