医療業界の格差事情

医療格差と転職「転職エージェントの選び方」

医療業界の様々な格差について

医師・看護師・介護職・薬剤師など、医療従事者に向けて「医療格差」の実情を紹介するサイトです。 【お問い合わせ先】

CATEGORY

転職エージェントはどうやって選ぶ?

転職エージェントはどうやって選ぶ?

転職を考えたら、まず「転職エージェント」に登録してみましょう。仕事をしながら転職活動をする時に適切なサポートをしてもらうためです。どの転職エージェントに登録をするかは、転職活動が成功するかどうかを左右する重要ポイントです。そこで今回は転職エージェントの選び方について紹介します。

いくつかの転職エージェントに登録しましょう

転職活動をサポートしてくれるプロ集団が転職エージェントです。自分ではみつけられないような求人情報も紹介してくれますので、ぜひ登録しましょう。まず知っておきたいのが、登録する転職エージェントはひとつに絞らなくてもいいということです。複数の転職エージェントに登録して各エージェントの求人情報を比較しながら転職活動をすることは、何も問題になりません。転職エージェントによって紹介してくれる求人情報に偏りがありますので、複数の転職エージェントに登録することで希望の転職先をまんべんなく紹介してもらえるというメリットがあります。さらに転職エージェントの担当者との相性が合うかどうかが分からない状況ですので、複数のエージェントの担当者と話をして、気の合う人と長く協力関係を結べるなど選択肢も広がるでしょう。

大手の転職エージェント

転職エージェントには、大手の転職エージェントと中小の転職エージェントがあります。どちらも特色がありますので知っておきましょう。まず大手の転職エージェントは、取り扱う求人情報が多いという特徴があります。データベースもしっかりしていて、希望条件を聞くだけですぐに転職先をマッチングすることができます。そのせいもあってか、担当のキャリアコンサルタントが誰であれ、紹介される転職先が画一的という面もあります。それはメリットでもあり、デメリットでもあるでしょう。当たり外れが少ないというメリットもありますが、意外性のある素晴らしい転職先を紹介されることも少ないということです。

中小の転職エージェント

中小の転職エージェントの特徴として、ある業界、ある職種、またはあるエリアなどに特化した転職エージェントが多いです。医療業界に特化した中小の転職エージェントもあります。幅広い求人情報を扱っているわけではありませんが、特化した業界や職種には強い傾向があります。担当をしてくれるキャリアコンサルタントにより、紹介される転職先の当たり外れが大きい傾向もあります。個々の担当者の力量の差がそのまま転職先の良し悪しに直結してしまうかもしれません。このような点を踏まえた上で、大手の転職エージェントと複数の中小の転職エージェントに登録をするなど、バランスの良い登録を目指しましょう。

「医療業界の格差事情」おすすめ記事